2011年02月11日

二輪免許取得顛末〜大型編〜

えへへ、またまた、またまた、時間が空きました(^^)
ダイジョブかいな>自分?

で、前回の続きです。
普通二輪の教習中、確か3時限目か4時限目のことだったと思います。
コケました。
スラロームという、縦に並んだパイロンの間を右左に蛇行しながら抜けていく、
という課題の練習中でした。
前を走っていた教習生の人が、たしかパイロンを倒したか、自分がこけたか、
いずれにせよ、直前で停止を余儀なくされたのです。
横で見てた指導員の人が、「そこで止まっちゃうとつらいよ〜!」って、
声を掛けてくれたんですが、「えへへ〜」なんて走りだして・・・。

もうね、すぐです。
走り出してすぐ、グイっと曲がらなきゃいけない感じで、そこでふらついた訳です。
で、握りゴケっていうんですが、前輪ブレーキをグッと握ってしまって、ドタン。
なんか、コケないように頑張ってしまって、かえって脇腹を打ってしまいました。

その日はちょっと一瞬いたかったんだけど、そのまま教習続けて、
次の日には、温泉に行く予定があって、まぁ湯治でもするか、って感じでした。

ところが、翌週になっても、あまり痛みが減らなくて、ちょっと咳き込んでも
結構痛いんですよね〜。
1週間経ってもいまいち痛いので、病院行ったら、肋骨がぽっきり折れているとか・・・。

医者に、「ありゃりゃ、ぽっきりいってる!痛くなかったですか?」とか言われて、
痛いから来てるんだよ!と思いつつ、コルセットみたいなのを巻くことになりました。
(肋骨は、肺に刺さるような折れ方していなければ、基本は時間が経つのを待つしかないそうで・・・)

ま、そうはいってもバイクの教習は楽しいし、「あとはコケなければいいや」と、
毎日行けるときは通って、免許取ったわけなんですけど。

その後、無事普通免許を取得して、バイクも買って、コルセットしながら喜々として
走り回っていたころのことです。
会社に出入りの、(ワタシが入っていた会社じゃない会社の)保険のおばちゃんに、
「ウチに乗り換えてくださいよ〜、ついては今の証券見せてくださいよ〜」とか、
おねだりされて、保険証券を久しぶりに見るハメになりました。
そうしたら、知らなかったけど骨折してもいくばくかの保険金が下りるような、
そんな特約に入っていることがわかりました。

なんか、ラッキー!

それにしても、骨まで折って得たお金が、いつものように酒で消えるのもな〜、
などと思っていたところ、またまたタイミングのいいことに、卒業した教習所から、
ステップアップキャンペーンなるものの紹介葉書が来たりしたんですね。
どれどれ、ふむふむ、大型免許取るのに○万円か〜、などと思いつつ眺めていて、
ふと思い出してしまったのが、骨折の保険金です。
おぉ!ほぼ同額だ!

かくして、大型二輪免許取得のために、またまた教習所に通ってしまいました(^^ゞ
(もちろん、コルセットを巻いたまま・・・)

無事コケずに免許取れたからよかったけど、コケてたら、痛かったでしょうね〜。
(それどころじゃなくて、手術になっていたというウワサも・・・)

KAWASAKI W650
posted by gen at 19:22| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

二輪免許取得顛末

早速時間が空きましたが・・・。
個人的に、この4年半の中で大きな話として、
自動二輪免許の取得、というのがあります。

そもそもは、2年とちょっと前の12月のある日、
ふらふらとネットを見ていたら、
自動二輪免許の取得キャンペーンの広告がありました。
ちょっと遠いけど、知らない教習所でもなかったので、
次の休みの日に、ちょっと様子を見に行ったわけです。
ホント、様子見だけのつもりだったんです、
なぜか印鑑は持ってたんですけどわーい(嬉しい顔)

で、1時間後には教習生のカードを持っていた、と。
年明けからの教習が対象のキャンペーンだったので、
年は明けたけど松は明けないくらいのタイミングから、
いそいそと何十年振りかの教習所通いを始めました。

教習自体は割合順調で、楽しかったですね〜。
結局、1時間オーバーくらいで済んだので、
1月中に普通二輪免許を取得できました。
教習所に通っている間に、これまたネットでバイクを探し、
通学経路上にあったバイク屋さんで、
250ccのバイクを予約したりして・・・。
(カワサキの250TRってやつです)

250TR

免許交付日に、その足でバイク屋さんへ行って、
いそいそと乗って帰ってきました。
会社?・・・もちろん、サボりですがわーい(嬉しい顔)

それからしばらくは、そのバイクで近場をふらふらと、
走り回っていました。
すっかり中年の、体型もも思い切り中年のおっさんが、
くそ寒い中、小さいバイクで走り回るってのも、
なんだかなぁ〜、って感じです。
本人、全然楽しくてそれどころじゃなかったですけど。

その後、ひょんなことから、大型二輪免許を取りに、
また教習所に通うことになったわけですが、
ネタもないので、次の記事で・・・。
posted by gen at 13:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ウチのクルマの自然治癒力とは!?

す〜〜〜っかり更新をサボってました、なはは
なんだかバタバタ慌しくて・・・、って言い訳してもしょうがないですが。
とかいいつつ、ちょっと驚きの出来事があったので、久しぶりに書きました(^^)v

実は、今を去ること約1週間前、ウチのクルマ、当て逃げされちゃったんです
駐車場にとめて、ものの5分くらいのうちに、べっこり!

当て逃げの傷01


当て逃げの傷02


当て逃げの傷03


気がついたときは、相手はとっくに逃げたあとでした。

一応警察も呼んで、確認はしてもらったんですが、いかんせん単なる物損事故だし、あまり真剣に相手してくれないんですよ、ぷんぷん。
でもまぁ、どうしょうもないので、いざと言うときの事故証明だけ出してもらう準備をした、という状況でした。

で、ウチが入っている車両保険を確認したら、相手が明確でクルマであれば免責ゼロなんですが、当て逃げみたいな場合5万円かかるらしい。
また、修理の方法としては、ドア交換になるとかで、その場合もうかなり乗ったクルマだし、新品だとモールとかセンターピラーがそこだけつやつやになるとか、中古のドアを持ってくると色合いが合うかどうかわからんとか・・・。
いわゆるとほほな状況だったわけです。

ところが・・・!?

ぜひ、続きを読んでくださいな!
posted by gen at 19:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

日本海に沈む夕日

一昨日から昨日にかけて、出張で富山に行ってきました。
用事は昨日の午前中だったので、夕方東京を出て前泊したわけです。
そんなタイミングだったため、ちょうど日本海の海沿いを電車で通過中に、夕日に遭遇しました。

日本海の夕日20060529

なぁんとなく、午後の日が落ち始める頃に遠くへ行くのって、なにやらかきたてられるものがあるんですが、こういう夕日が見られるといっきに吹っ飛びますね!
なにしろ、夕日好きだし(^^ゞ

その後、フォッサマグナを通過中に、もう太陽は沈んでしまったんですが、夕焼けが見られました。
こちらもなかなかいい感じかな、なんて(^^)v

フォッサマグナの夕焼け20060529

冬の頃、同じ電車で何度か北陸方面に出張してますが、あの頃はもう越後湯沢あたりでも暗くなってました。
ホント、四季というのは面白いものです。

ちなみに、前泊の夜は、現地で同僚と落ち合って食事しました。
その同僚のお姉さんが、富山のお寿司屋さんに嫁いでいるそうで、そのお店に行きました。
もう、VIP待遇で、おまかせの美味しいモノ三昧!
んで、ひとり5,000円!!
いや〜、旨かったです!!!

(あれ、仕事は?^^;)
posted by gen at 11:10| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

もひとつ、地下鉄に乗って



先ほどダビンチコードの記事を書きましたが、その前に読んだ本がこれです。
これもなかなか引き込まれました。
浅田次郎作品って、多分初めてなんですが、ふ〜んって感じです。

この本は、それまで読んでた本を電車に乗ってて読み終わって、ちょうど東京駅で乗り換えるところだったので構内の本屋で買ったものです。別に何でも良かったんですが、ああいう本屋さんって近頃の売れ筋しか置いてないというか・・・。
人気作家の本や話題になってる本がほとんどで、いろいろ探して買うって感じじゃないですよね?
だもんで、ちょっと目立ってたのを買っただけなんです。
この小説はそれほど長くないんですが、それでも一気に読めた本ではありました。

このところ、本を読むのもある種惰性で、単なる暇つぶしに活字を目で追うって感じだったんですが、これとダビンチコードは結構読めました(^^)v
機会があれば、ぜひ読んでみてください!
静かに胸に染み渡るような、アジのあるストーリーです。
posted by gen at 19:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今はやりのダ・ヴィンチ・コード



すっかりご無沙汰してしまいました。
このところなんだか忙しくて・・・。
といいつつ、流行モンの本は読んじゃいました。
むしろ、なかなかの面白さに、一気に読んだんですけど(^^ゞ

映画も先日から公開されて、なんだかすごい人気みたいですね〜。
テレビなんかでもしょっちゅう紹介されてるみたいだし。
でも、ワタシは原作読んで満足するので、多分見ませんが。
むしろ、せっかく自分なりのイメージが出来上がったものを、わざわざ映像で上書きしちゃうのももったいなくて。
まして、映像の出来がいまいちだったりしたら、悲惨ですからね!

ちなみに、ストーリーなんかは、もういろんなところで紹介されているので、、書きません(^^)
ただ、解説にもちょっと書いてありますが、恐ろしいほどの薀蓄の数々!
ホント、びっくりです!!
久しぶりにそこそこ長めの小説を、一気に読みました!
posted by gen at 19:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

夕日を見るという趣味

今日は、所用で仕事は休みました。
で、そういう日は、所用さえ終わればのんびりできます。
そこで、PCのファイル整理などをしていたら、昨年の秋に撮影した写真を見つけました。

三浦半島の先端、城ヶ島の岩場から見た、夕日の写真です。

夕日

趣味といっていいかどうかはわかりませんが、昔から、ワタシはなぜか夕日が好きだったんです。
多分、朝日よりも好きです。
夕焼け空とかも好きなんですが、何しろ夕日が好きです。
なかでも、冬に向かうちょっと前の、晴れた日の夕日がサイコーです。
なんとなく、太陽が一日の仕事を終えた充実感と達成感を感じるんですね。
そして、真夏の太陽はどうもケバケバしく感じるんですが、秋口になると重厚な感じがするんです。

ワタシの部屋の窓は、西側に向いています。
ブラインドを上げて窓を開けていると、夕日や夕焼け空が、きれいに見えることがあります。
そんなときは、なぁんとなく心が和みます。
posted by gen at 19:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

自分だけの『小さな旅』とは

このところ忙しくて、またまた長いこと更新できませんでした。
それで昨日、ようやくちょっとGWっぽく、ふらっと出掛けてきました。
行き先は、わりあい近所の、昔の『大森海苔』の産地だったあたりです。

海苔の養殖は大森が発祥とかで、『大森海苔』はそのブランドだったらしいです。
昭和の30年代あたりは、まだ海苔の養殖が行われていたらしく、大森地区の海寄りには、小さな運河がたくさんあったとか。
その後、東京湾の埋め立てなどにより、結局今ではもうなくなっちゃったらしいんですけど。
写真の向かって右手には、むかし海苔を干したり、海苔の製造のための小屋が並んでいたらしいです。
手前の方には、船を陸揚げするためのウインチとレールも設置されています。


溝渠01


同じ写真を、セピア調にすると、なんだか懐かしさが漂うような気がしませんか?(^^ゞ


溝渠02


近くには、入り組んだ細い路地の狭間に、こうした溝渠(というらしいです)がいくつか残っているようです。
運河の名残なんでしょうか・・・。
名残といえば、海苔やさんも、数件あるようです。

そもそもここは、NHKの『小さな旅』という番組で紹介されていた場所です。
詳しい場所は紹介されていなかったんですが、地図と勘を頼りに、ふらっと行ってみました。
時々そうやって出掛けるんですけど、目的地を見つけると、なんだか嬉しくなります。
それこそ、自分だけの『小さな旅』です。
posted by gen at 04:50| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

トシを取ると金がかかります

人間もクルマも、ある程度トシを取ると、何かと金がかかります。
ウチのクルマ、昨日タイヤ交換したんですけど、足回りがヘタってきていて、どうやらショックアブソーバーの交換になりそうです(;_;)

この間、ふとタイヤを見たら、後ろがもうつるつるになってきていたので、昨日タイヤ屋さんに持っていきました。
んで、新製品の乗り心地がいいタイヤ、というのに交換しました。
そのあと用事があったので、都内をウロチョロしたんですが、乗り心地が良すぎて、大変なことになってしまいました。

そもそも、昨年末あたりから、なんだか路面の凹凸をやたら拾うようになっていて、えらくごつごつした感じではあったんです。
いよいよ足回りにきてるのかなぁ、なんて思いながら、それでも乗れないこともないから乗ってたんですが、タイヤを替えたら、それこそピョンピョン跳ねながら走ってる感じで・・・(苦笑)
時々、シャコタン(死語?)の、足回りをごつごつにした車が、ばたばた走ってるじゃないですか?
まるであんな感じです。
何しろ、首都高なんかかなり路面が傷んでいて、そのくせそれなりに流れていたりしてスピードがでると、腹筋に力入れとかないと運転しながら飛ばされそうな勢いなんです。
きっと今までは、タイヤもヘタっていたから伝わらなかった路面の凹凸を忠実に拾ってしまって、タイヤの収縮との相乗効果で跳ねてるんじゃないでしょうか、とほほ。

用足しが終わって、最近すっかり馴染みになった修理屋さんに寄って、ちょっと見てもらったら、やっぱりショックアブソーバーの交換になるみたいです。
ちなみに、ショックアブソーバーって、古くなってきかなくなると、むしろフワフワになっちゃうと思ってたら、ウチのは硬くなってしまったようです。
いまいち、ひねくれてます(^^ゞ

今、見積を作ってもらってますが、サクっと7〜8万くらいはいきそうだって。
タイヤも7万近かったし、はぁ〜〜〜。
もっと仕事して稼げってことでしょうか?
posted by gen at 06:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

六文そば

ワタシは麺類が結構好きです。
ただ、食べる店は、種類によって傾向があるようです。
ラーメンは、基本的には椅子のある店で食べます。
これはおそらく、本気でまずいラーメンは食べたくないからでしょう。
でも、そばは違っていて、立ち食いそばでも、全然平気です(^^)
そばに関しては、確かにそばそのものやつゆがうまい店は好きなんですけど、立ち食いでも苦にならないんですよね〜。
近頃は、立ち食いといいながら、そこそこそれっぽいものを出してくれる店も増えてきたし。

そんな中で、立ち食いそばチェーン(?)で一番のお気に入りは、六文そばというところです。
小諸そばとか富士そばとか、そういうチェーンもあるんですけど、ワタシは六文そばが、なぜか一番好きなんです。
そのチェーンも、別にいろんなお店を制覇したわけでもなんでもないんですが、職場の近所の六文そばは、よく行きます。
大体定番は春菊天そばと鮭のおにぎりなんですが・・・。

この店のつゆは、色が濃いです。
関西の方は、とてもとても食う気にならないであろうほど、濃い色をしています。
でも、特に辛いわけでもなく、なかなか(多分カツオの)だしがきいてたりします。
春菊天は、丸っこく揚げているタイプで、春菊の葉っぱが広がるタイプではありませんが、どんぶりに入れて食うことを考えると、個人的には全然オッケーです。
そばそのものは、まぁいわゆる立ち食いそばなので、いかにも機械で押し出したような断面の丸いそばで、そば粉なんて入ってるの?・・・てな感じですが、妙にだしとマッチして、そこそこ美味しかったりします。

この六文そばは、ワタシの知る限り神田・秋葉原・上野といったエリアに集中しているように思いますが、どうなんでしょう?
機会があったら、ぜひ食べてみてください。
気に入るかどうかは、保証の限りではないですけど・・・(^^ゞ
posted by gen at 18:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

『電車でGo!』ブーム

かれこれ10年位前、『電車でGo!』というゲームが流行りました。
世間では忘れられてしまったであろうこのシリーズですが、ワタシの中では定期的にブームが来ます。
ちょうどこの週末が、その時期でした(^^ゞ

この『電車でGo!』シリーズは、いわゆる普通の電車シリーズのほかに、旅情編と称した路面電車系のやつと、実写版があるらしく、今回のブームでは実写版の京浜急行編です。

電車でGo.jpg
(画面のイメージは、こんな感じです^^;)

実写版というだけあって、割とリアルな感じもするし、かれこれ3度目のブームです。
実写版としては、ほかに山手線も持ってたりしますが、こちらはちょっと難しすぎるんですよね・・・(#^.^#)
一応点数が出るんですが、前回のブームのときよりも高得点を狙って、何度も同じ路線を走ってみたりしてます。
いや〜、何度やっても面白いですね!
今日は朝から『電車でGo!』って感じで、気がつけば昼飯も食べずにこんな時間になってしまいました。

思えば、初めて『電車でGo!』をゲームセンターでやったのは、大阪出張中でした。
同僚と3人で出張して、夜飲んでるときに、いきなりそんなハナシになって・・・。
みんなでゲームセンター目指して商店街を歩いて、『右前方、ゲーセンはっけ〜ん!』とか、『入り口よ〜し!』なんて指差確認してた覚えがあります(^^)
なんだか、懐かしいです!
posted by gen at 14:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

朝青龍関の優勝

朝青龍関が、優勝したようで、おめでとうございます!
昨日の夕方買い物に行ったショッピングセンターで、家電売り場を通りがかったとき、ちょうどテレビで表彰式(?)やってて知りました。
先週後半は何かとばたばたしていて、全然相撲を見てなかったもんで・・・(^^ゞ
なんだか、白鵬関と一進一退の優勝争いだったようで、なんか見逃してて残念です。

それにしても、モンゴル勢が強いですね〜!
優勝も三賞も、みんなモンゴル出身の力士たちだそうで、びっくりです。
むかし、高見山関や小錦関のハワイ勢が強かった時期(高見山関もか?・・・ごめんなさい^^;)がありましたが、今はモンゴルなんでしょうか。
それに、カド番だった大関二人も勝ち越して、ひとまずほっとしたのではないでしょうか。

それにしても、ああいう個人の勝負の世界は、大変ですね(大変ってなんだ?^^;)。
何しろ結果がすべてというか、勝つか負けるかのどちらかですから。
それも、自分の結果は自分だけで出すわけだし。
まぁ、仕事がつらくない世界というのもないと思いますが、個人の問題として明瞭に出る分、言い訳きかないですから、結局は精神力なんだろうと思うワケです。
中でも、14場所連続で、ひとりきりで頂点に立ち続けている朝青龍関は、改めてスゴイと思う今日この頃です。
posted by gen at 06:10| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

大相撲の話題

大相撲の春場所は、栃東関の横綱昇進と、白鵬関の大関昇進が注目の的のようです。
中でも白鵬関が全勝していて、どうやらいい感じのようですが、ひとり横綱の朝青龍関もちゃんと全勝しています。
でも、朝青龍関の全勝なんて、当たり前すぎてもはや話題にもならないし、むしろ負けた方が話題になるという・・・。
これって、しかし凄いことです。
もう随分長いこと、ひとりでトップを張って、ということはライバルらしいライバルもいない中で、そういう強さを維持している精神力とでも言うのでしょうか、大変なことだと思います。

実はワタシも昔は結構相撲好きだったんですが、随分長いこと見なくなっていました。
最近時々相撲を見るきっかけになったのは、朝青龍関です。
ああいう、憎たらしいほどの強さって、好きなんですよね〜。
その、憎たらしいほどの強さで、いまだにワタシの中でアイドル(笑)なのが、北の湖さんです。
昔結構相撲を見た頃というのは、北の湖さんが活躍していた頃で、あの方の引退とともに封印していたわけです。
今や日本相撲協会の理事長ですからね〜、偉くなったものです。

北の湖さんが現役で活躍していた頃は、確かワタシは高校生だったような・・・。
トシがばれますな(^^ゞ
その頃、北の湖さんが好きだ、なんていうと、結構肩身が狭かったような気がします。
どうも、例えば取り組みの中でもみ合って、押しながら投げを打ちに行くようなとき、先に相手の足が土俵を割っても最後に投げてしまうようなところが、憎たらしさの源泉だったんだろうと思います。
でもね〜、勢いで行っちゃうんじゃないかな〜、相手が土俵を割ったからって急には力抜けないんじゃないかな〜、なんてことを勝手に弁解しながら、その強さに引かれたものです。
そういえば、北輪時代(北の湖さんと輪島さん)とか、北若時代(同じく若乃花さん)とか、最後は北千代時代(同じく千代の富士さん)なんて言葉も思い出してきました。
そういう意味では、やっぱりライバルはいたんですよね。

う〜ん、そうやって考えると、朝青龍関はやっぱりすごいのかも知れませんね。
個人的には、今かなり応援中です(^^)
posted by gen at 06:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

本のこと

仕事とペットと趣味、といいながら、趣味のひとつの読書について、今まで何も書いてませんでした。
ワタシが一番好きなのは、司馬遼太郎氏の小説です。
中でも、新選組の土方歳三を主人公にして書かれている、『燃えよ剣』などは、もう十回以上は読んでるんじゃないかという・・・。
なんというか、自分の価値観で行動するとでもいいますか、それととても合理的な思考法ですか、そういう主人公の特徴をとてもうまく表現しているような気がします。
かなり昔、この小説がドラマ化されていたようで、栗塚旭という俳優さんが土方歳三を演じていました。
とても芸達者な役者さんには見えない(ごめんなさい)ですが、なんとも味があるというか、よかったですねぇ。
何でも新選組ファンの中では、語り草になっているドラマらしいです。

あとは、肩のこらない翻訳ものの、たとえばトム・クランシーとか、その類なんかもよく読みます。
ロマンス系はダメです。

で、読書とは直接関係ないんですけど、この頃ちょっとショックなことが立て続けに起きました。
読みかけの文庫本を、2度続けて失くしてしまったんです!

続きを読む
posted by gen at 11:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルマの入院、その後

昨日、クルマが退院(笑)しました。
結局、ワイパーを動かす電源をコントロールする部品が、経年劣化で断線していたような感じで、壊れた部品を交換してもらいました。
今度こそ、大丈夫だろうと思います。
こうなると、早く雨降らないかなぁ、なんて思っちゃうんですけど。

今回、ハンドルもはずして見るようなことを聞いていて、結構ややこしい作業みたいなので、そうなると工賃がちょっと心配でした。
でも、思いのほか安くて、なんと部品代のほかには1600円くらい(部品が4000円)で、全部でも6000円しないくらいでした。
このあたりでは、時間駐車の料金が、安くても300円/1時間なんですね。
なので、預けてた日数(3泊4日)を考えると、駐車場より安いじゃん!・・・なんて、変なところで感心してしまいました。

ただ、本当のところは、何度も修理に出したりしていたし、ワイパーの修理も2度目なので、安くしてくれたのではないかと・・・。
良心的な修理工場なんだろうと思うんです(^^)
修理工場に感謝!
posted by gen at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

今度はクルマの入院

ネコの手術とその後の経過がどうやら順調に推移している中、今はウチのクルマが入院してます(笑)
前にちょっと書きましたが、ワイパーの修理です。
一昨日修理工場に持っていってて、故障原因がわかると電話くれるんですが、今の時点で連絡がなく、原因調査に苦戦してるんでしょうか・・・?

大体、自家用車で、特段のマニアな人でもなければ、18年ものの走行150,000キロ超なんて、あんまりないんだろうな。
別にいつもぴかぴかに磨いて、とかいうわけでもなんでもないし。

でも、例えばいつもだったら抜けちゃうタイミングで信号が変わって、なんとなくクルマに教えられる感じで止まったときに限って、横からパトカーが先頭で出てきたり、なかなか良好なコミュニケーションが取れていると勝手に思ってたりするワケです(^^ゞ

クルマも機械ですから、いつかは壊れちゃうんだろうけど、まだしばらく先送りしたいなぁ、なんて思っています。
posted by gen at 07:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

ウチのクルマ

ウチのクルマは、日産のセフィーロです。
1989年型のマニュアル車で、もう150,000Km以上の走行距離です。
エンジン(2000ccの6気筒で、SOHC)は絶好調なんですが、内装や電気系統に疲れが出てます。
インパネ周りもひとつふたつと電気がつかなくなり、エアコンのスイッチまわりなんか、夜は真っ暗です。
ちなみに、シフトノブは磨り減って、2代目だったりします(^^ゞ

セフィーロ近影

こいつが、結構お茶目exclamation×2なんです。
ちょっと長いけど、そのハナシをひとつ・・・。
続きを読む
posted by gen at 18:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。