2006年05月08日

特に憂鬱(?)な月曜日

久しぶりに長かったゴールデンウィークも、終わってみればあっという間でした。
とはいえ、個人的には結局今年も、いわゆるカレンダー通り+アルファの仕事だったりしますが、とほほ。
でも、この一日と二日は、さすがに電車も空いてましたね。
今日からまた混むんだろうな。

ワタシの職場では、新入社員は1ヶ月集合教育を受け、その後は配属先でOJTを受けることになっています。
今年も、一日に配属になった新人がいます。
一日と二日と出勤しても、またすぐ休みに入っているわけです。
なんだか、緊張感を適度に保つのが難しい時期のような気がします。
自分が新人のときは、どうだったかな〜・・・、なんて思っても、忘れてますが(^^ゞ

ともあれ、これから夏に向けては、あまりまとまった休みを取りづらくなります。
まぁ、無理せずぼちぼち仕事しますか!(^^)v


posted by gen at 08:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

季節感

週の初めの月曜日、ワタシの住まいの方では、朝からいい天気です。
前に雨が好きだと書きましたが、抜けるような青空の色も、もちろん好きです。
このところ、ぐずついた天気が多かったので、なおさら空の青さが引き立つような気がします。
ちなみに、今日の日の出は5:07で、日の入りは18:15だそうです。
すっかり日も長くなりました。

以前、ワタシの職場で、名言を残した女性がいました。
そもそも我々の業界は、ひところどこでもやたら忙しくて、月の超過勤務なんて平気で100時間を越え続けたりしていました。
そうなると、仕事が生活の中のほとんどの時間を占めるようになり、仕事のために仕事をするような感じになってしまいます。
で、彼女の言葉は、『季節を感じられるように、仕事をしたい!』でした。
確かに、季節感も何もないまま、とにかく余裕がない日々を送っていたように思います。

それ以来、忙しいなら忙しいなりに、自分の気持ちに余裕を持つようにしています。
といいながら、いつもちゃんとできている訳でもないんでしょうけど・・・。
今週もまた、忙しそうですが、余裕を持つことを、忘れずに!
posted by gen at 07:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

無謀なビジネスブログ構築

ブログを始めて1ヶ月が過ぎ、いろいろと考えて、ウチの会社でもビジネスブログを作ろう!というハナシにしちゃいました。
1ヶ月やそこらで、なんて大胆な!・・・などと思ったりするんですけど、なはは。

ブログのサーバには、MovableTypeというソフトを使おう、と。
んで、いろいろと環境設定してみました。
データベースには、PostgreSQLというヤツを使います。
そのほかに、たくさん必要なソフトがあって、そんなこんなで全部ダウンロードしてインストールして、まずはサーバを構築しました。

というわけで、サーバは構築したものの、ブログにするネタがない!
ま、わかっちゃいたんですが・・・。

商品を販売している会社や、製品を作っている会社などは、新商品・新製品情報なんかを載せますよね〜?
でも、我々の仕事は、いわゆる特定の顧客からシステム構築なんかを受注して、数ヶ月から1年くらいかけて作業するわけです。
そんなしょっちゅう新製品なんてできないっつーの!(^^ゞ
開発者日記なんか載せても、いまいちというか、あまりにお約束っぽくてナンだしな〜。

てなことで、典型的なドツボにはまっております(苦笑)

なかなか、個人でも企業でも、情報を発信し続けるって大変ですね!
posted by gen at 19:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

リーダーの影響力とは

昨日と一昨日と、二日続けてオールやっちゃいました(^^ゞ
う〜む、いくつだ>自分(-_-)
2泊という訳ではなくて、それぞれ今日も昨日も朝帰りという、いい年して恥ずかしいっす(#^_^#)

それはともかく・・・。

オールってくらいだから、まぁ行った店も1件なワケもなく、2日間で軽く5〜6件は徘徊しました。
中には、チェーン展開しているお店もあって、それも同じチェーンの別の店に行ってたりして。
そんな時思うんですけど、メニューもインテリアも同じで、きっと店員さんの接客マニュアルみたいなものも同じなんだろうけど、やっぱり店舗によって印象が変わるんですよね。
店全体に活気があって、賑やかだけど不快なうるささでもないところもあれば、なんとなく空気が沈殿していて、客もぽつぽつしかいなくて、でも店員の無駄話みたいな声が聞こえてくるところもあって。
そういう違いって、当然接客態度にもあらわれるし、料理や飲み物が出てくるまでの時間なんかにも如実にあらわれます。
ぶっきらぼうで、いやいや仕事してる感じありありの店は、持ってきてもらった料理も全然美味しく感じません。
そんなところは、少なくとも、また来ようっ!なんつー積極的な気持ちは、微塵もおきないわけです。

これって、何が違うんだろう、なんて考えながら見てると、活気のある店は、店長さんみたいな人の動きが軽やかですね。
で、いやな顔をしていない(^^)←いつもこんな感じ。
そういう店長のいる店は、店員さんもおおむね感じいいし、ちょっとした気配りがあります。
それこそ、お通しの残りそうなヤツを、『さっき○○○をお待たせしちゃったから、よかったら食べてください!』なんて。
要するに、店長のような、その場のリーダーが、みんなの気分も含めた何かを引っ張ってるんでしょうね〜。
仕事ってのは、本当にリーダーによって結果や評価が、良くも悪くもなるんだな〜、などと思ってみていました。

飲みに行ってまでこんなこと考えてる自分ってのも、なんだかな〜って感じですけど(^^ゞ
posted by gen at 18:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

北風と太陽のハナシで思うこと

有名な童話で、北風と太陽のハナシがあります。
あのハナシは、細かいストーリーまでは覚えてないですが、結構意識の中に残っています。

我々の業界は、結構泥臭い徒弟制度で成立している部分があります。
いわゆる、職人の世界、という部分があるわけです。
徒弟制度である以上、先輩や上長は、後輩や部下をじかに育成することになるワケですが、そのときに北風と太陽のハナシが頭の中をよぎることがよくあります。
そもそも北風と太陽のハナシは、別に人材育成のハナシでもないんでしょうけど、単に知識を与えて詰め込むのではなく、自分で知識を得る仕組みや知能(?)を伸ばす仕掛けを作りこむ、という意味では関係あるのかな、と思うわけです。
で、いろいろな人のやり方を見ていると、北風タイプと太陽タイプというのが、やはりいるんですよね〜。

その場合、北風タイプというのは、ある意味でパターンが決まるんですが、太陽タイプというのがやはり難しい、と。
太陽といっても、単純にやさしくするだけの人がほとんどで、結果としてはなめられて終わっちゃうことも、ままあるようです。
太陽のようなアプローチができて、でも尊敬を集めるというか、発言に威厳を保てる人というのは、かなり少ないようです。
どうやら、太陽のパターンでも、自信がないというか、嫌われるのが怖いというか、要するに本質的には単なる迎合となっているケースでは、ほぼ例外なくなめられているような気がします。
自信がなければ、北風タイプの方がまだマシ、ということでしょうか(^^ゞ

それでまた、この自信を持つ、ということが、たいそう難しい。
これができるとか、こんなことも知っているとか、そんな具体的なレベルではなさそうです。
もっと本質的な部分というか、技術者なり職人なりの原点の部分で自信がないとダメみたいです。
そうした部分で自信を持つことができてはじめて、毅然とした態度が滲み出してくるというか・・・。

こんなことをつらつら考えていると、人と人との付き合いって、本当に奥が深い。
自分でも、もう結構長く仕事しているワケですけど、まだまだだな、なんて思います。
今日もがんばるべ!・・・って、今日はなんだかマジメだな〜(^^)v
posted by gen at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

仕事のうえでのチームワークって・・・

ワタシの仕事は、いわゆるシステムエンジニアとか、コンピュータ技術者とかいうヤツです。
今はもう皆さんご承知だとは思いますが、ひとりでこつこつというより、集団で仕事をすることが多く、その仕事の仕方は労働集約型です。
最近では、3K業種となっています(^^ゞ

当然ですが、集団で仕事することを考えるとき、いわゆるチームワークを上手にこなすための努力、というのが結構大事です。
大事なんですけど、その努力の仕方ってのが、またヒトそれぞれだったりします。

ある人は、『チームワークってくらいだから、仲良くしなきゃ!(^^)v』なんつって、用もないのにべたべたしたりしてます。
そうかと思えば、『技術者なんだから、仕様書さえちゃんと書けていればチームワークは上手くいくんだっ!』とか言いながら、みんなに背中を向けて、ひとりで黙々と設計書を書いてます。
でも、結局どちらも間違ってはいないものの、それだけで上手くはいかないんですよね〜。
おまけに、仲良くしていて、なおかつ仕様書がきちっとしているだけでも、やっぱりダメ、と。
なかなか、これっ!という決め手がなくて、困ったものです。

われわれのギョーカイの用語で、システムを開発してお客様に納める一連の行為を、システム建設と呼ぶことがあります。
そして、われわれの仕事の仕方などは、いわゆる建設業の方々とよく似てると言われています。
よく、ビルやマンションや、一戸建てでも何でもそうですが、数名から数十、数百という方々が、工事現場で働いていますが、ああした現場では、どうやってチームワークを取ってるんだろう、なんて思ったりします。
それこそ、コンピュータを間にしたチームワークは、失敗しても命を落とすことはまずありません。
でも、工事現場で同じことが起こったら、もしかしたら亡くなる人も出てくるわけです。
そもそも、まさしくそういう意味で、危機感が違うのかもしれませんけど・・・。

それはそれとして、われわれはもう少し勉強をしないといけないんだろうと思います。
その上で、お互いプロとして、対等な関係を築いて、そこから本当のチームワークが始まるんだろう、と。
野球で言えば、ショートゴロが飛んでった時にライトはどう動くか、とか、それがランナーがどこにいるかでどう変わるか、とか、それを自分で判断できる程度には成熟しなければならないんだろう、と。
んなことは当たり前だ、と言われそうですが・・・。
ビルの工事現場なんかで、建材の置き方や置く順番なんかも、置く人が使う人の仕事を理解しているからこそ、正しく置けるんだろうと思います。
結局なんでもそうなんでしょうけど、先を読むとか、プロの目を持つとか、チームワークの原点は結局一人ひとりの問題なんだろうな・・・、なんて。

皆さまの職場なんかでは、そういう課題ってないですか?
そういう課題に対して、どう対処してますか?

って、なんだか支離滅裂ですが、ホンのつぶやきでした。
posted by gen at 15:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

期末の恒例

私の住んでいる東京では、このところ寒い日が続いていましたが、昨日あたりから、久しぶりに暖かいようです。
今日は、かなり全国的に天気もいいようですね〜。
どこかへふらっと出かけるには、ちょうどいいかも知れません。
ワタシも、このところ全然休めなかったので、どこか行ってみようかな!

で、このところ休みが取れなかったのは、予算編成というヤツです。
勤務先が3月末決算なので、来年度の予算を作る時期なワケです。
予算って、はじめはただの数字だと思ってたけど、何度もやってると段々面白くなってくるというか・・・。
結局活動計画ということになるので、いろんな想いが入ってくるんですね。
今年はこんな設備を増強しよう、とか、こんな研修をやろう、とか。
そういう希望(?)に思いを巡らすのは楽しいものです。
原則として行き当たりばったりなワタシは、だから結構アバウトな予算なんですけど(笑)

とりあえず、それもようやく昨日で一段落したので、今日はのんびり過ごせそうです。
posted by gen at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。