2006年05月09日

夕日を見るという趣味

今日は、所用で仕事は休みました。
で、そういう日は、所用さえ終わればのんびりできます。
そこで、PCのファイル整理などをしていたら、昨年の秋に撮影した写真を見つけました。

三浦半島の先端、城ヶ島の岩場から見た、夕日の写真です。

夕日

趣味といっていいかどうかはわかりませんが、昔から、ワタシはなぜか夕日が好きだったんです。
多分、朝日よりも好きです。
夕焼け空とかも好きなんですが、何しろ夕日が好きです。
なかでも、冬に向かうちょっと前の、晴れた日の夕日がサイコーです。
なんとなく、太陽が一日の仕事を終えた充実感と達成感を感じるんですね。
そして、真夏の太陽はどうもケバケバしく感じるんですが、秋口になると重厚な感じがするんです。

ワタシの部屋の窓は、西側に向いています。
ブラインドを上げて窓を開けていると、夕日や夕焼け空が、きれいに見えることがあります。
そんなときは、なぁんとなく心が和みます。


posted by gen at 19:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。