2006年03月15日

ネコのこと

先週避妊手術をしたネコが、昨日めでたく抜糸しました。
下腹部とでも言うのでしょうか、一部毛がなくなって、傷跡が見えていますが、絆創膏も取れて、本人(本ネコ?)はいたって元気に走り回るようになりました。
一同、一安心です(^^)v

それにしても、ネコもそれぞれ性格があって、本当に見ていて飽きませんね。
はじめに来た二匹は、それぞれ孤高を気取るタイプと甘ったれタイプです。
最後に来た一匹は、ちゃっかりタイプなんでしょうか。

孤高を気取るタイプは、普段ワリと擦り寄ってこなくて、ひとりで日向ぼっこしたり昼寝したりしています。
ウチのネコの中では、一番運動神経は良さそうなんですが、動く量は一番少ないようです。
ただ、なぜか海苔が大好きで、なにかのぱりぱりっ、とかがさがさっ、という音がすると、真っ先にすっ飛んできます。

甘ったれタイプは、孤高を気取るタイプと基本的には仲良しなんですが、どうも軽度な上下関係(?)があるらしく、ときどき孤高を気取るタイプを怒らせては逃げてます。
逃げるときは、本当に隅っこにいって、情けなさそうな目をしてうずくまったり、壁のそばで壁に向かって座り込んだりしています。
そのくせちゃっかりタイプには強気なんですが、いつも逆襲にあって、結局追いかけられたりしてます。
抱っこされたがりNo.1なのも、不器用No.1も、こいつです。

ちゃっかりタイプは、三匹の中で一番若いこともあるんでしょうが、なにしろ興味津々のようで、いろんなところに顔を出します。
やっぱり一番運動量が多いんでしょうけど、何かあるとすぐ走り回って、ネコやヒトを挑発してます。
遊んでほしいんでしょうね〜。
先週の手術では、2日ばかりは痛みもあったのか大人しかったですが、3日目くらいからはうろちょろ始まりました。
もう少しじっとしてろっ!・・・っていっても、通じなかったですね、やはり(^^ゞ

この三匹が、結局のところ仲間意識があるのか、臨機応変でフォローしあっている様子が見えるんですね。
普段は思い思いなんですが、今回の手術のようなことがあると、なにか違うんです。
手術の朝も、一匹だけどこかへ連れて行こうとしたら、甘ったれタイプが心配そうにみゃーみゃー言ってたり、手術後日が浅いうちは、孤高を気取るタイプが何気なく添い寝してやってたりして。
何かの折に、ネコというのは5歳児程度の知能がある、とか読んだことあります。
知能かどうか、それがあるといいのかどうかはともかくとして、喜怒哀楽とか感情といったものは確実にあって、われわれと同じなんだろうな、なんて。
まぁ、同じ動物同士ですから、当たり前といえば当たり前なんですが。

ともかく、どうやらネコたちの生活も、お蔭様で平穏な日々を取り戻したみたいです。


posted by gen at 08:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。