2006年03月11日

律儀な人

ワタシの勤務先の隣に、ラーメン屋さんがあります。
午前中なんかはそのラーメン屋さんの仕込みの匂いで、窓でも開けようものならラーメン屋で仕事してるみたいになって閉口するんですが、味は悪くないため、週に2〜3回は昼飯を食いにいってしまいます。
このお店、確か開店したのが4年くらい前でした。
開店一周年のころ、食事すると、次に来たときに50円安くなる券をくれるようになりました。
はじめは期間限定のはずだったんですが、好評だったのかやめられなくなったのか、今はもうず〜っと配ってます。

長い前振りですいません(^^ゞ

ここに、フロアを担当する店員さんが二人います。
で、食事が終わって、お金を払うときに、その券を使う場合、二人の言い方が微妙に違います。
どう違うかというと・・・。

たとえば700円のラーメンを食べて、1000円札とその券を渡したとして、

(1)『はい、1000円お預かりで、650円になりますので、350円お返しです!』

というのと、

(2)『はい、1050円お預かりで、700円になりますので、350円お返しです!』

というのと・・・。

はじめは、(2)にすごく違和感がありました。
てっきり50円割引券だと思ってたので、渡してるのは1000円じゃん、ってず〜っと(約3年間)思ってたわけです。
でも、昨日わかりました。
(2)が正解だったんです!
何気なく券をみていたら、『50円割引券』ではなく、『50円券』って書いてあるんですっ!

う〜ん、(2)の人が実はとても律儀な方だったんだ!!!
なるほどね〜、こりゃびつくり(びっくりよりもびっくりしている表現^^;)だわ。
なんか、(2)の人がとてもステキに見えてきちゃいました。

ついでに、一律50円分安くなるということは、会計が安ければ安いほど、値引率は高くなるという・・・。
まぁ、だからどうということでもないんですけど。


posted by gen at 08:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。