2006年03月31日

行く年来る年、年度末編

たまたまいただいたTBで、ニフティの『ワープロ・パソコン通信』サービスの終了を知りました。
昼間、昔のパソコン通信だのチャットだの掲示板だののハナシを書いたのは、ムシの知らせでしょうか・・・(^^ゞ

う〜ん、そうですか、終了ですか。

思えば、初めて買ったモデムについてたスターターキットかなんかで、ワケもわからずサインアップしたものです。
サインアップはしたけど、広すぎて使い切れず、結局一番よく行った遊び場としては、別のパソコン通信ネットでしたけど。
ひところは、職場の仲間たちにも『パソコン通信やれば?サインアップすれば?』なんて、言いまわったこともあります。
仕事柄客先に常駐する人も多くて、ニフティのメールはよく使いました。
そういえば、ホームパーティーだったか、パティオだったかいうのも、使ったことありましたね〜。

インターネットプロバイダとしては、ニフティはちょっと出遅れた感もありましたが、時代の流れとともに変化しているんですね。

NHKテレビなんかもちょうど4月の編成替えだか担当替えだかで、今日はエンディングで挨拶しているアナウンサーが沢山いました。
この年度末は、なんだか感慨もひとしおです。


posted by gen at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットワーキング今昔

今日は今年度末です。
早いもので、あっという間に時間が経っていきます。
年度末そのものは、意外とヒマになるというか、今日は仕事をサボってしまいました(^^)v
昨日、がんばるべ!とか書いた舌の根も乾いてないんですが、ははは(^^ゞ

このブログも、開設以来もうじきひと月経ちます。
これもまた、早いものです。
それにしても、やってみるとなかなか面白いものですね!
ある種更新というか、記事追加が適度なプレッシャーになったりして。
プレッシャーで書くと、しかし読み返してみると不自然というか、無理している感じがありありですが・・・。

おおむかし(っても、10年くらい前だと思いますが)、パソコン通信ってヤツにハマったことがあります。
その頃の主流は、掲示板とチャットです。
まだまだ、9600bpsとか14400bpsのモデムでの通信で、ニフティなんかも10円/分の課金が、電話料金と別にかかった時代です。
あの頃は、ワタシとしては掲示板がまだるっこしくてついチャットに走ったもんですが、本当にパソコン通信を楽しむ人は、掲示板を愛用していたように思います。
なんだかその頃を思い出しますね〜。
パソコン通信を通じた友達なんかもできたりして、オフ会と称して熱海や箱根の1泊旅行なんかやったりして、なかなか楽しかったですよ!
そういえば、その頃は草の根BBSなんてのがあったりして、個人でパソコン通信のホストを運営している人もいました。
今ではみんなホームページやブログに移行しているんでしょうね・・・。

とにかく、そうやって考えると、コミュニケーションツールの変遷や発展は、目覚しいものがあります。
これからも、こんな勢いで変化していくんでしょうね〜。
ちょっと恐ろしくもあり、楽しみでもあります(^^)
posted by gen at 12:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

北風と太陽のハナシで思うこと

有名な童話で、北風と太陽のハナシがあります。
あのハナシは、細かいストーリーまでは覚えてないですが、結構意識の中に残っています。

我々の業界は、結構泥臭い徒弟制度で成立している部分があります。
いわゆる、職人の世界、という部分があるわけです。
徒弟制度である以上、先輩や上長は、後輩や部下をじかに育成することになるワケですが、そのときに北風と太陽のハナシが頭の中をよぎることがよくあります。
そもそも北風と太陽のハナシは、別に人材育成のハナシでもないんでしょうけど、単に知識を与えて詰め込むのではなく、自分で知識を得る仕組みや知能(?)を伸ばす仕掛けを作りこむ、という意味では関係あるのかな、と思うわけです。
で、いろいろな人のやり方を見ていると、北風タイプと太陽タイプというのが、やはりいるんですよね〜。

その場合、北風タイプというのは、ある意味でパターンが決まるんですが、太陽タイプというのがやはり難しい、と。
太陽といっても、単純にやさしくするだけの人がほとんどで、結果としてはなめられて終わっちゃうことも、ままあるようです。
太陽のようなアプローチができて、でも尊敬を集めるというか、発言に威厳を保てる人というのは、かなり少ないようです。
どうやら、太陽のパターンでも、自信がないというか、嫌われるのが怖いというか、要するに本質的には単なる迎合となっているケースでは、ほぼ例外なくなめられているような気がします。
自信がなければ、北風タイプの方がまだマシ、ということでしょうか(^^ゞ

それでまた、この自信を持つ、ということが、たいそう難しい。
これができるとか、こんなことも知っているとか、そんな具体的なレベルではなさそうです。
もっと本質的な部分というか、技術者なり職人なりの原点の部分で自信がないとダメみたいです。
そうした部分で自信を持つことができてはじめて、毅然とした態度が滲み出してくるというか・・・。

こんなことをつらつら考えていると、人と人との付き合いって、本当に奥が深い。
自分でも、もう結構長く仕事しているワケですけど、まだまだだな、なんて思います。
今日もがんばるべ!・・・って、今日はなんだかマジメだな〜(^^)v
posted by gen at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

HHK朝の連続ドラマねた

NHKの朝の連続ドラマって、時計代わりにTVをつけていることもあり、ワリと見ます。
本当は8:15〜8:30のドラマを見てから出勤すると遅刻なんですけど、面白いドラマのときは見ます。
あまり面白くないときでも、自主フレックス出勤のときなんか、見たりします(^^ゞ
で、今やっている『風のハルカ』ってのが、結構面白いと思っています。
今日の放送が、147回目らしいんですが、これが今週終わるようです。
最終回が151回といことで、1回15分ですから、全部でざっと38時間近いドラマということでしょうか。
ワタシ、そもそもTVをあまり見ない(あまり好きではない)ので、これが長いのか短いのかわかりません。
でも、週6回放送ということは、週1.5時間のドラマと同じなので、半年間放送の1時間半ドラマって考えれば、まぁ長いのかな、と。

このドラマ、結局九州の湯布院が舞台なんでしょうけど、ストーリーもなかなか面白くて、単にTVをつけておく、というスタンス以上に、きちんと見たりしています。
最終的には、主人公の女性がだれとくっつくのか、もういい加減見えてきましたけど、そのあたりを軸にハナシが展開してきました。
露骨にどうしようもないヤツと一旦くっついていたときには、『おぃおぃ、ホントかよ!?』とか、まぁ他愛もないモンなんですけど(笑)
結構、毎日朝っぱらから楽しませてくれました。

ところで、前にどこかで聞いたか読んだかしたんですが、朝の連続ドラマって、東京と大阪の放送局(?)が交代で制作しているとか。
今放映中のヤツは大阪で、次は東京らしいんですが、なぜかこれは東京担当分が面白くないことが多い気がします。
それも個人的には、ストーリー展開から役者の顔ぶれや演技の仕方まで、見てるだけで腹が立ってくることすら、少なくありません。
そういうドラマの時期は、もっぱら民放のワイドショー(?)みたいなヤツが時計代わりになります。
何ででしょうね〜。
ホントに、つまんないんですよね〜。
もう、そういう目で見ちゃうから、先日予告編をたまたま見ましたが、それだけで『面白くなさそ〜(-_-)』とか思ってしまうという・・・。

まぁ、先入観というのはよろしくないですね。
というわけで、さてさて、4月からはどんなドラマかな〜?

★この話題は、ネタ蔵 - あなたはどのキーワードが気になる?さんでも取り上げられています。
posted by gen at 08:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

朝青龍関の優勝

朝青龍関が、優勝したようで、おめでとうございます!
昨日の夕方買い物に行ったショッピングセンターで、家電売り場を通りがかったとき、ちょうどテレビで表彰式(?)やってて知りました。
先週後半は何かとばたばたしていて、全然相撲を見てなかったもんで・・・(^^ゞ
なんだか、白鵬関と一進一退の優勝争いだったようで、なんか見逃してて残念です。

それにしても、モンゴル勢が強いですね〜!
優勝も三賞も、みんなモンゴル出身の力士たちだそうで、びっくりです。
むかし、高見山関や小錦関のハワイ勢が強かった時期(高見山関もか?・・・ごめんなさい^^;)がありましたが、今はモンゴルなんでしょうか。
それに、カド番だった大関二人も勝ち越して、ひとまずほっとしたのではないでしょうか。

それにしても、ああいう個人の勝負の世界は、大変ですね(大変ってなんだ?^^;)。
何しろ結果がすべてというか、勝つか負けるかのどちらかですから。
それも、自分の結果は自分だけで出すわけだし。
まぁ、仕事がつらくない世界というのもないと思いますが、個人の問題として明瞭に出る分、言い訳きかないですから、結局は精神力なんだろうと思うワケです。
中でも、14場所連続で、ひとりきりで頂点に立ち続けている朝青龍関は、改めてスゴイと思う今日この頃です。
posted by gen at 06:10| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

わさび

調味料、なかでも辛味調味料は、ワタシの生活には欠かせません。
刺身なんか好きだから、わさびしょうがを使います。
そばも好きなので、暖かいそばだったら唐辛子、冷たいそばだったらやっぱりわさび
おでんだのシュウマイだのは和がらしで、ソーセージとか肉系だったら洋がらし
ピザやスパゲティなんかはタバスコ必須だし、ギョーザはラー油、と。
ちなみに最近のハヤリは、水炊き系鍋物のポン酢にゆず胡椒、なんてのもあります。

いずれも、ワタシとしてはそれぞれの正統な使い方(?)をしているつもりですが、何でも最近わさびがブームだとか。
テレビなんかでも話題らしいですけど、サプリメントとして注目を集めているらしいじゃないですか!。
サプリメントって、そもそも『栄養補助食品』という意味のはずですよね?・・・わさびって栄養あるんかいな?(^^ゞ
てなことはともかく、何でも血液さらさら効果(これもブーム?)や若返り効果があるとか言ってます。
ふ〜ん。

【わさびューティ】わさびに秘められた新美容成分メチルスルフィニルぜひお試し下さい!【ビューティリタ】で、ちょっと見てみたら、面白いものを見つけました。
わさびューティー』だって(笑)
わさびの『わ』は若さ、わさびの『さ』はさらさら、わさびの『び』は美、だそうです、わはは。
でも、静岡の田丸屋さんという、わさび漬けなんか有名ですけど、大きい老舗の本店が栽培しているわさびで作ったサプリメントだそうで。
この田丸屋のわさび漬けなんて、静岡土産の定番中の定番じゃないかと思うワケです。
だから、それが本当なら、まぁしっかりしたものを使ってるのかな、なんて思ったりして。

それにしても、いろんなものが出て来るもんですね。
確かに唐辛子のダイエットなんてのも聞いたことあるけど・・・。
ちなみに、わさびの効果って、チューブ入りの練りわさびじゃダメなんでしょうか?(^^ゞ
posted by gen at 14:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

朝寝坊

昨日、また例によって遅くなって、今日は久しぶりに朝寝坊しました。
と言っても、7:00過ぎに運送屋からの電話で一度起こされたんですが・・・。
届け物があるけど、住所が正確じゃないから電話した、って、なんだか知らないけど、高飛車なオッサンでした。
一応土曜日って、もう世間的にも休日だと思うんだけど、7:00に電話してきて、何者だ?・・・などと怒りに任せて二度寝したら、すっかり寝坊したと言うわけです(^^ゞ

7:00過ぎはもう『朝方』とは言わないですが、よく朝方見る夢は正夢になるって言いませんか?
その二度寝したときに見た夢は、なんとウチの職場の若いヤツが離婚する夢でした。
なんでいきなりそんな夢見たのかな〜!?
それはともかく、近頃夢見があまりよくないような気がします。
姿勢が悪いのかな・・・。

姿勢と言えば、寝るときの姿勢って、どうしてますか?
仰向け、横向き、うつぶせ、大の字、丸まり系、いろいろあると思います。
寝ている間も、動くひと、動かないひと、様々ですよね。
ワタシは寝るときは横向き(右が下)が多いように思います。
起きたときは全然違う姿勢なので、きっと動き回ってるんでしょうね(^^ゞ
一応ベッドなんですが、部屋もベッドも狭いので、ときどき壁に手や足をぶつけて目が覚めたりします。

なんか、この頃妙に忙しいし、の〜んびり一日中うだうだ寝ていたいものです。
posted by gen at 13:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

爪を切りながら・・・

今、爪がのびてきていたので、切りました。
切りながら思ったんですけど、何で爪はのびてくるんでしょうか?
普段はいいけど、怪我かなんかしたときに、のびる仕組みになっていないといつまでも治らないから、とか?
つーか、そもそもなんで爪があるんだろう?
そういえば、爪のない動物って、いるんだろうか・・・?

というわけで、またまた自然の驚異シリーズです(^^ゞ

爪って、のびることが多分前提になっているんだろうと思います。
でも、ある一定の範囲の長さになるように、切るなり削るなり、何かしら対策する必要があります。
そういう部位って、ちゃんと切っても痛みがないように、痛覚の神経はあらかじめ通っていない、と。
これと同じようなハナシで言えば、髪の毛や髭や脇毛や鼻毛(!)なんかもそうなのかな、と^^;
決して神経そのものがないことは、ないワケです。
爪にしろ髪にしろ、触れば感じるわけだし。
でも、切っても痛くはない、と。
なにやら人体そのものをシステムとして考えたとき、すごい仕掛けになっているような気がしますね〜。

ワタシの母は、医者でした(もうずっと前に他界していますが)。
で、彼女が学生の頃、初めて細胞を顕微鏡で見たときに、人間を超えた存在を感じたそうです。
つまり、誰がどのようにして、とてつもない数にもかかわらず『整然と並ぶ細胞たち』を作ったのか、とても人間が考えてできることではない、と。
それはそれは、神秘的な光景だったようです。

ちなみに、そういう意味では、鼻毛はなんとなく存在意義がわかりやすい気がしてきました。
なかなか鼻の穴の中の毛を剃ることは困難ですが、それができたら、冬の間毎日鼻毛を剃り続ける人とそういうことをしない人の間で、風邪引く確率の比較、なんてやってみたら、どういう結果になるんだろう、なんて・・・(笑)
で、鼻毛がなければ、ハナクソなんつーものもなくなるのかな?(^^ゞ

・・・朝っぱらからちょっとばっちいお話で、失礼しましたm(__)m
posted by gen at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

朝食、食べてますか?

朝起きて、うだうだしながらメールチェックやネット探索なんかして、しばらくすると腹が減ってきます。
早起きになると、朝の時間も余裕ができて、朝食を取るようになりました。
今日は特に、なんとなく午前中は仕事をサボろう!と決めたので、ひときわのんびり食べました(^^ゞ

ウチは、朝食は和食です。
ご飯と味噌汁を基本に、卵焼きとか、焼き魚(干物が多い)とか、それにちょっと漬物あたりがつくというパターンです。
ときどき、前の晩飯の残りのおかずなんかがあったりして、今日は鳥の唐揚がついてました(^^)

ちなみに、若い頃は、朝起きるのもぎりぎりだし、起きてすぐはものが入らず、結局朝食を取る習慣はありませんでした。
多分中学後半あたりから、35歳くらいまで、そんな感じじゃなかったかと思います。
その頃って、別に昼まで何も食べなくても平気だったんです。
でも、今はたまに朝食を抜くと、結構昼前には腹減りすぎて、機嫌が悪くなり、口数も激減します。
なんだかなぁ・・・って感じなんですが。

子供の頃、一時期親父が朝食にパンを食べたいとか言い出して、洋食系の朝食になったことがあります。
でも、どうもダメでした。
一家そろって、長続きしなかった記憶があります。
で、そのうちまた和食に戻ってました。

出張なんかでビジネスホテルに泊まったとき、最近は結構朝食つきで、それも和食と洋食をえらべたりする所も多くて、そういう時何気なく観察すると、大体6〜7割の人は和食を食べているような気がします。
そして、そういうところの和食のおかずは、ほぼ魚系が多いような・・・。
そんなこんなで、結局みんな日本人なんだなぁ、などと、根拠のない感慨にふけることになります。

皆さんは、朝食は取りますか?それは和食ですか、洋食ですか?
って、今気づいたけど、パンだから洋食ってのも、相当短絡的ですね(笑)

名代ひもの詰合30【チーズケーキ・カニしゃぶ・蟹 グルメ通販 釜庄】というわけで、なんだか無性に干物が食べたくなりました。
ウチのあたりでは、干物といえばアジとかカマスが多いようですが、いろんな種類があるんですね〜。




卓上ミニガスコンロで美味しい陶板料理!伊勢焼長谷園【さしむかい(金網・陶板つき)】【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】ついでに、昨日行った飲み屋で、こんなのを使ってました。
小さいガスコンロなんですが、そっくりです。
なかなか、ウマかったです!
どちらも、アフェリエイトサイトにありました(^^)v
posted by gen at 09:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 個人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

自然の驚異(大げさ)

昨日に引き続き、自然の驚異ネタをもうひとつ(^^ゞ
ウチのネコたちは、毎朝6時になると、メシ食わせろー!と騒ぎ出します。
それはそれは正確で、ほとんどNHKの時報と同時くらいですから、とっても時間に几帳面なヤツらだと感心します。
きっとこいつらは待ち合わせにもぴったりに行くタイプなんだろうな〜、などと思ったりして。
でも、その時刻をどうやって知るんだろう、と不思議でなりません。
家の中の彼らが自由に行き来できる範囲には、時計がないんですよ!・・・って、時計があってもわかるとも思えず^^;

ちなみに、ホントに毎朝6時にメシ食わせてて、たま〜〜〜に遅くなるだけ、っていうのなら、まだわからなくもない気もします。
でも、ウチはなにしろ人間の方がいい加減(?)で、割合平気で30分くらいは遅れたりして、結構時刻が変動するんです。
(ワタシは大体6時前には起きますが、えさやり係ではないので、よほど遅れない限り放っておきます、なはは)

というわけで、何かしら、体内時計があるんでしょうね、やはり。
ちゃんとそういうのを研究している人がいて、もうかなり解明が進んでいるのかもしれませんが、とにかく不思議です。
前回の食事から時間が経って、自然にお腹がすいてきたから騒ぎ出す、という感じじゃないんですもん。
ぴったり毎朝6時にそうなる、なんて考えられないですよ。
だって、朝食がぶれるのと同じように、夕食だってぶれてんだもん(笑)
なにか時刻の概念があるとしか思えません。

ホント、これもひとつの自然の驚異です!


ネコたち.jpgところで、メディア初露出の、ウチのネコたちです。
3匹で寄り添って寝てるんですけど、わかりますか?(^^ゞ
posted by gen at 06:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

春分の日に思うこと

今日は春分の日なので、厳密なところは知りませんが、昼と夜の長さが同じです。
これからは、昼がどんどん長くなって、夜がどんどん短くなる、ということです。
なんだか、ついこの間冬至で、今日は夜が一番長いんだなぁ、なんて言ってたと思ったら、早いものです。

ちなみに、どうやら冬至の頃から比べると、1時間半近く日の出が早くなっているそうな。
約3ヶ月で1時間半早まるということは、1ヶ月ごとに30分くらい早まっているんでしょうか。
てことは、おおむね1日あたり1分ずつ、早くなっていくんですね。
『暑さ寒さも彼岸まで』というくらいで、暖かくなる日が増えることでしょう。

この、昼だの夜だのがあるのは、地球が自転しているからなワケですけど、自転の速度って実はすごく速いとか。
まぁ、自転の軸(地軸)に近いところは速度も何もないんでしょうけど、赤道が4万キロあるとすると、24時間で4万キロ回るわけですから、40000キロ÷24時間で、時速1666キロ!・・・ホントかよ、おいおい(^^ゞ
日本あたりでも、もしかしたら音速に近いとか?
空気ごと回ってるわけだからわからないだけで、すごい速度なんですね!

そうやって考えると、ここにも日常の諸々を圧倒する自然のスケールが存在するって感じです。
うじうじ考えてヘンに肩に力が入ってても、それが一気に抜けて、それこそ自然体でいくしかないじゃん、って感じになります。
ふ〜ん、案外自然体ってそういうことなのかも・・・(^^ゞ
posted by gen at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

大相撲の話題

大相撲の春場所は、栃東関の横綱昇進と、白鵬関の大関昇進が注目の的のようです。
中でも白鵬関が全勝していて、どうやらいい感じのようですが、ひとり横綱の朝青龍関もちゃんと全勝しています。
でも、朝青龍関の全勝なんて、当たり前すぎてもはや話題にもならないし、むしろ負けた方が話題になるという・・・。
これって、しかし凄いことです。
もう随分長いこと、ひとりでトップを張って、ということはライバルらしいライバルもいない中で、そういう強さを維持している精神力とでも言うのでしょうか、大変なことだと思います。

実はワタシも昔は結構相撲好きだったんですが、随分長いこと見なくなっていました。
最近時々相撲を見るきっかけになったのは、朝青龍関です。
ああいう、憎たらしいほどの強さって、好きなんですよね〜。
その、憎たらしいほどの強さで、いまだにワタシの中でアイドル(笑)なのが、北の湖さんです。
昔結構相撲を見た頃というのは、北の湖さんが活躍していた頃で、あの方の引退とともに封印していたわけです。
今や日本相撲協会の理事長ですからね〜、偉くなったものです。

北の湖さんが現役で活躍していた頃は、確かワタシは高校生だったような・・・。
トシがばれますな(^^ゞ
その頃、北の湖さんが好きだ、なんていうと、結構肩身が狭かったような気がします。
どうも、例えば取り組みの中でもみ合って、押しながら投げを打ちに行くようなとき、先に相手の足が土俵を割っても最後に投げてしまうようなところが、憎たらしさの源泉だったんだろうと思います。
でもね〜、勢いで行っちゃうんじゃないかな〜、相手が土俵を割ったからって急には力抜けないんじゃないかな〜、なんてことを勝手に弁解しながら、その強さに引かれたものです。
そういえば、北輪時代(北の湖さんと輪島さん)とか、北若時代(同じく若乃花さん)とか、最後は北千代時代(同じく千代の富士さん)なんて言葉も思い出してきました。
そういう意味では、やっぱりライバルはいたんですよね。

う〜ん、そうやって考えると、朝青龍関はやっぱりすごいのかも知れませんね。
個人的には、今かなり応援中です(^^)
posted by gen at 06:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

酒のつまみ

たびたび書いていますが、ワタシははっきり言って、酒をよく飲みます。
自覚症状としては、アル中もしくはアルコール依存症ではないと思っていますが、毎晩飲みます。
仕事から素面で帰ってくるのは、クルマで出たときだけと言っても、決して過言ではありません(^^ゞ
一番多いつまみは、サカナ系です。
職場の近所のすし屋(安いんです^^;)は、かなりよく行きます。
多分に漏れず、若い頃は料理も肉系が好きで、あまり魚は食べなかったんですけど、考えてみると、酒をたびたび飲むようになって、サカナ系が好きになったんですね。

考えてみると、のついでに、もうちょっと考えてみると、これって日本人だからなのかな、なんて。
アメリカやヨーロッパなんかは、肉料理とアルコールの組み合わせなんでしょうか?
まぁ、いわゆる西洋にも漁師さんはいるし、魚料理もいっぱいあるんでしょうけど、刺身のような、鮮魚を鮮魚のまま調理する(?)ような食べ方をしてる民族は、そんなに多くもないような気がします。

で、やはりサカナ系のつまみで飲むのは、焼酎が多く、次は日本酒でしょうか。
はじめの一杯は、ビールなんですけど。
白ワインは魚介類にあう、というハナシですが、火の通った魚介類の料理のことなのではないか、などと思うわけです。
やっぱり鮮魚系には日本の酒があうと思うんですが、いかがでしょうか?


生本タラバ・ハーフポーション【蟹足】特大L寸・1kg【魚京】ちなみに、こんなの見つけました。
登録しているアフェリエイトサイトの商品です。
タラバ蟹の足らしいんですが、特大L寸だそうです。
なんだか旨そうで、こんな時間から飲みたくなっちゃいます(^^ゞ
posted by gen at 05:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

久しぶりのカプセルホテル

おとといの晩、またまた泊まってしまいました。
飲んでて遅くなったのと、昨日の朝は9:00から会議があって、早く出勤しなければならず、それなら泊まっちゃえ、てなワケで職場のそばのカプセルホテルで寝ました。
いや〜、カプセルホテルって、結構久しぶりに泊まったんですが、なんかワクワクしますね!
ああいうコンパクトにいろんなものを詰め込むのって、随所に工夫の跡があって、それがまた面白くって(^^)v
初めて泊まったときは、そもそもテレビがあの小さいカプセルの中にもあることで、まず驚いたものです。
それにしても、結構混んでるもんなんですね。
それも、かなりの比率で、飲みすぎて帰れなくなったヒト(ワタシもそうでしたが^^;)がいるのではないかと・・・。

泊まったところは、フロントでチェックインすると、すぐその奥のロッカールームで着替えて、そのあと客室(?)まで行って寝る、というシステムでした。
普通のホテルなんかだと、部屋着でウロチョロするな、って感じですけど、むしろ部屋着で、それもスリッパも履かずにみんな館内をウロチョロしているってのが、なんだか新鮮でしたね〜(^^)
で、みんな基本的には黙々とウロチョロしているので、会話の声ってのは聞こえないわけです。
そこそこ人がいるのに、声は全然しないってのが、ちょっと不気味。
結局深夜1時頃チェックインして、翌日7:30くらいにシャワーを浴びて、8:00頃には出勤できました。
すごく楽チン(^^ゞ

出張では、カプセルホテルに泊まる気はしないけど、たまには楽しいかな、なんて思ったりして・・・。
posted by gen at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

イヌとネコ

ワタシの職場に、なかなか仕事のできる女性がいます。
彼女の旦那さんのことも、知っています。
IT関係の資格も、アプリケーション・エンジニアという、合格率10%以下の難関資格をはじめ、いくつも持っています。
そこらの男性よりよっぽどしっかりしていて、はっきりものを言うし、現に年上の男性の部下もいて、バリバリ仕事するタイプです。

で、先日旦那さんとの間で、イヌとネコのどちらが好きか、というハナシが出たそうです。

女性『ワタシは絶対イヌが好き!』
旦那『オレはなんつってもネコだな!』
女性『ネコなんて、なにがいいの?生意気なだけで、可愛げないじゃない!』
旦那『なに言ってんだよ、イヌなんかヒトにへつらうだけじゃんか!』
女性『じゃぁ、ネコのどこがいいのよ!?』
旦那『なんてったって、あのツンとしたところだな〜。なかなか言うこと聞かないけど、その高貴っぽいところが、またいいんだよね〜。オマエは?』
女性『だって、イヌって従順じゃない。ちゃんと言うこと聞くしさ。あの素直なところがいいのよ〜。』

ワタシ『ふむふむ、それがキミたち夫婦の、円満の秘訣なのね(笑)』

・・・って、この面白さ、伝わりますかね?(^^ゞ
posted by gen at 07:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

ネコのこと

先週避妊手術をしたネコが、昨日めでたく抜糸しました。
下腹部とでも言うのでしょうか、一部毛がなくなって、傷跡が見えていますが、絆創膏も取れて、本人(本ネコ?)はいたって元気に走り回るようになりました。
一同、一安心です(^^)v

それにしても、ネコもそれぞれ性格があって、本当に見ていて飽きませんね。
はじめに来た二匹は、それぞれ孤高を気取るタイプと甘ったれタイプです。
最後に来た一匹は、ちゃっかりタイプなんでしょうか。

孤高を気取るタイプは、普段ワリと擦り寄ってこなくて、ひとりで日向ぼっこしたり昼寝したりしています。
ウチのネコの中では、一番運動神経は良さそうなんですが、動く量は一番少ないようです。
ただ、なぜか海苔が大好きで、なにかのぱりぱりっ、とかがさがさっ、という音がすると、真っ先にすっ飛んできます。

甘ったれタイプは、孤高を気取るタイプと基本的には仲良しなんですが、どうも軽度な上下関係(?)があるらしく、ときどき孤高を気取るタイプを怒らせては逃げてます。
逃げるときは、本当に隅っこにいって、情けなさそうな目をしてうずくまったり、壁のそばで壁に向かって座り込んだりしています。
そのくせちゃっかりタイプには強気なんですが、いつも逆襲にあって、結局追いかけられたりしてます。
抱っこされたがりNo.1なのも、不器用No.1も、こいつです。

ちゃっかりタイプは、三匹の中で一番若いこともあるんでしょうが、なにしろ興味津々のようで、いろんなところに顔を出します。
やっぱり一番運動量が多いんでしょうけど、何かあるとすぐ走り回って、ネコやヒトを挑発してます。
遊んでほしいんでしょうね〜。
先週の手術では、2日ばかりは痛みもあったのか大人しかったですが、3日目くらいからはうろちょろ始まりました。
もう少しじっとしてろっ!・・・っていっても、通じなかったですね、やはり(^^ゞ

この三匹が、結局のところ仲間意識があるのか、臨機応変でフォローしあっている様子が見えるんですね。
普段は思い思いなんですが、今回の手術のようなことがあると、なにか違うんです。
手術の朝も、一匹だけどこかへ連れて行こうとしたら、甘ったれタイプが心配そうにみゃーみゃー言ってたり、手術後日が浅いうちは、孤高を気取るタイプが何気なく添い寝してやってたりして。
何かの折に、ネコというのは5歳児程度の知能がある、とか読んだことあります。
知能かどうか、それがあるといいのかどうかはともかくとして、喜怒哀楽とか感情といったものは確実にあって、われわれと同じなんだろうな、なんて。
まぁ、同じ動物同士ですから、当たり前といえば当たり前なんですが。

ともかく、どうやらネコたちの生活も、お蔭様で平穏な日々を取り戻したみたいです。
posted by gen at 08:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

仕事のうえでのチームワークって・・・

ワタシの仕事は、いわゆるシステムエンジニアとか、コンピュータ技術者とかいうヤツです。
今はもう皆さんご承知だとは思いますが、ひとりでこつこつというより、集団で仕事をすることが多く、その仕事の仕方は労働集約型です。
最近では、3K業種となっています(^^ゞ

当然ですが、集団で仕事することを考えるとき、いわゆるチームワークを上手にこなすための努力、というのが結構大事です。
大事なんですけど、その努力の仕方ってのが、またヒトそれぞれだったりします。

ある人は、『チームワークってくらいだから、仲良くしなきゃ!(^^)v』なんつって、用もないのにべたべたしたりしてます。
そうかと思えば、『技術者なんだから、仕様書さえちゃんと書けていればチームワークは上手くいくんだっ!』とか言いながら、みんなに背中を向けて、ひとりで黙々と設計書を書いてます。
でも、結局どちらも間違ってはいないものの、それだけで上手くはいかないんですよね〜。
おまけに、仲良くしていて、なおかつ仕様書がきちっとしているだけでも、やっぱりダメ、と。
なかなか、これっ!という決め手がなくて、困ったものです。

われわれのギョーカイの用語で、システムを開発してお客様に納める一連の行為を、システム建設と呼ぶことがあります。
そして、われわれの仕事の仕方などは、いわゆる建設業の方々とよく似てると言われています。
よく、ビルやマンションや、一戸建てでも何でもそうですが、数名から数十、数百という方々が、工事現場で働いていますが、ああした現場では、どうやってチームワークを取ってるんだろう、なんて思ったりします。
それこそ、コンピュータを間にしたチームワークは、失敗しても命を落とすことはまずありません。
でも、工事現場で同じことが起こったら、もしかしたら亡くなる人も出てくるわけです。
そもそも、まさしくそういう意味で、危機感が違うのかもしれませんけど・・・。

それはそれとして、われわれはもう少し勉強をしないといけないんだろうと思います。
その上で、お互いプロとして、対等な関係を築いて、そこから本当のチームワークが始まるんだろう、と。
野球で言えば、ショートゴロが飛んでった時にライトはどう動くか、とか、それがランナーがどこにいるかでどう変わるか、とか、それを自分で判断できる程度には成熟しなければならないんだろう、と。
んなことは当たり前だ、と言われそうですが・・・。
ビルの工事現場なんかで、建材の置き方や置く順番なんかも、置く人が使う人の仕事を理解しているからこそ、正しく置けるんだろうと思います。
結局なんでもそうなんでしょうけど、先を読むとか、プロの目を持つとか、チームワークの原点は結局一人ひとりの問題なんだろうな・・・、なんて。

皆さまの職場なんかでは、そういう課題ってないですか?
そういう課題に対して、どう対処してますか?

って、なんだか支離滅裂ですが、ホンのつぶやきでした。
posted by gen at 15:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

本のこと

仕事とペットと趣味、といいながら、趣味のひとつの読書について、今まで何も書いてませんでした。
ワタシが一番好きなのは、司馬遼太郎氏の小説です。
中でも、新選組の土方歳三を主人公にして書かれている、『燃えよ剣』などは、もう十回以上は読んでるんじゃないかという・・・。
なんというか、自分の価値観で行動するとでもいいますか、それととても合理的な思考法ですか、そういう主人公の特徴をとてもうまく表現しているような気がします。
かなり昔、この小説がドラマ化されていたようで、栗塚旭という俳優さんが土方歳三を演じていました。
とても芸達者な役者さんには見えない(ごめんなさい)ですが、なんとも味があるというか、よかったですねぇ。
何でも新選組ファンの中では、語り草になっているドラマらしいです。

あとは、肩のこらない翻訳ものの、たとえばトム・クランシーとか、その類なんかもよく読みます。
ロマンス系はダメです。

で、読書とは直接関係ないんですけど、この頃ちょっとショックなことが立て続けに起きました。
読みかけの文庫本を、2度続けて失くしてしまったんです!

続きを読む
posted by gen at 11:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルマの入院、その後

昨日、クルマが退院(笑)しました。
結局、ワイパーを動かす電源をコントロールする部品が、経年劣化で断線していたような感じで、壊れた部品を交換してもらいました。
今度こそ、大丈夫だろうと思います。
こうなると、早く雨降らないかなぁ、なんて思っちゃうんですけど。

今回、ハンドルもはずして見るようなことを聞いていて、結構ややこしい作業みたいなので、そうなると工賃がちょっと心配でした。
でも、思いのほか安くて、なんと部品代のほかには1600円くらい(部品が4000円)で、全部でも6000円しないくらいでした。
このあたりでは、時間駐車の料金が、安くても300円/1時間なんですね。
なので、預けてた日数(3泊4日)を考えると、駐車場より安いじゃん!・・・なんて、変なところで感心してしまいました。

ただ、本当のところは、何度も修理に出したりしていたし、ワイパーの修理も2度目なので、安くしてくれたのではないかと・・・。
良心的な修理工場なんだろうと思うんです(^^)
修理工場に感謝!
posted by gen at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

律儀な人

ワタシの勤務先の隣に、ラーメン屋さんがあります。
午前中なんかはそのラーメン屋さんの仕込みの匂いで、窓でも開けようものならラーメン屋で仕事してるみたいになって閉口するんですが、味は悪くないため、週に2〜3回は昼飯を食いにいってしまいます。
このお店、確か開店したのが4年くらい前でした。
開店一周年のころ、食事すると、次に来たときに50円安くなる券をくれるようになりました。
はじめは期間限定のはずだったんですが、好評だったのかやめられなくなったのか、今はもうず〜っと配ってます。

長い前振りですいません(^^ゞ

ここに、フロアを担当する店員さんが二人います。
で、食事が終わって、お金を払うときに、その券を使う場合、二人の言い方が微妙に違います。
どう違うかというと・・・。

続きを読む
posted by gen at 08:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。